2019年度全国通訳案内士試験

全国通訳案内士試験ガイドライン

2019年度全国通訳案内士試験のガイドラインが発表されました。

全国通訳案内士試験の受験に当たって、筆記試験の一部免除を申請される方は、以下の注意事項を
ご確認下さい。

(注1)英語の免除対象となるTOEICの得点については、当該得点を取得した年度及びその翌年度に実施される全国通訳案内士試験において、出願時に公式認定書(コピー可)を提示できるものが対象となります。

(2019年度試験の場合:H30.4.1以降に取得された得点)

(注2)日本歴史および一般常識の免除対象となる大学入試センター試験の得点については、当該得点を取得した年度及びそこから五年以内に実施される全国通訳案内士試験において対象となります。

(2019年度試験の場合:H26.4.1以降に取得された得点)

(注3)ガイドライン7ページの「通訳案内の実務筆記試験について」に記載されている「観光庁研修のテキスト」については、以下のリンクを参照ください。

http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kokusai/tsuyaku.html

※2019年度の全国通訳案内士試験についての官報公示(試験日程等)は4月下旬、

施行要領配付・願書受付開始は5月中旬頃の予定です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »