SDGs

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでおり、一般社団法人 九州通訳・翻訳者・ガイド協会は、九州で最もSDGsに取り組む団体を目指します。

一般社団法人 九州通訳・翻訳者・ガイド協会は持続可能な目標をどれだけできるかを考えていきます。

目標1  貧困をなくすことはなぜ大切か

目標2  飢餓をゼロにすることはなぜ大切か

目標3  すべての人に健康と福祉をもたらすことはなぜ大切か

目標4  質の高い教育の普及ははなぜ大切か

目標5  ジェンダー平等を実現することはなぜ大切か

目標6  安全な水とトイレの普及はなぜ大切か

目標7  手ごろな価格のクリーン・エネルギーの普及はなぜ大切か

目標8  ディーセント・ワークと経済成長を両立させることははなぜ大切か

目標9  産業と技術革新の基盤をつくることはなぜ大切か

目標10 人や国の不平等をなくすことはなぜ大切か

目標11 住み続けられるまちづくりはなぜ大切か

目標12 責任ある消費と生産ははなぜ大切か

目標13 気候変動に具体的な対策を取ることはなぜ大切か

目標14 海の豊かさを守ることはなぜ大切か

目標15 陸の豊かさを守ることはなぜ大切か

目標16 平和、正義と充実した制度機構ははなぜ大切か

目標17 パートナーシップで目標を達成することはなぜ大切か