観光庁登録研修機関

ご案内

登録研修機関研修を令和2年4月1日から一般社団法人 九州通訳・翻訳者・ガイド協会で開始します。

※研修日程及び料金につきましては、現在作業中ですので、決まり次第お知らせ致します。

登録研修機関研修専用 お問合せ

登録研修機関研修の受講義務について

改正通訳案内士法の施行(平成30 年1 月4 日)により、通訳案内の質の維持・向上を図る観点から、全国通訳案内士は定期的な研修の受講が義務づけられました。

 全国通訳案内士は、登録研修機関(通訳案内研修を実施する者として観光庁長官の登録を受けた者)が実施する通訳案内研修(以下、登録研修機関研修)を5 年ごとに受講しなければなりません。

【登録研修期間研修について】

実施概要登録研修機関研修は、平成32 年度より、観光庁長官の登録を受けた登録研修機関が実施する予定です。全国通訳案内士は、改正法施行後5 年以内に初回の研修を受講し、それ以降は5 年ごとに登録研修機関研修を受講することが義務づけられました。 
実施主体 登録研修機関(通訳案内研修を実施する者として観光庁長官の登録を受けた者)
費用有料(実費を基に登録研修機関が算定)
罰則全国通訳案内士が登録研修機関研修の受講義務に違反した場合、その登録が取り消される場合があります。
詳細研修の詳細については、今後観光庁HPなどを通じてご案内してまいります。

※改正法施行前に通訳案内士試験に合格し、全国通訳案内士として業務を行う方は、登録研修機関研修の受講のほか、平成31 年度末までに「観光庁研修」を受講することが義務づけられています。観光庁研修についての詳細は、「通訳案内士法改正に伴う研修(観光庁研修)の実施について」をご確認ください。