ご挨拶

現在、観光庁は、国・地方公共団体・民間事業者等が連携し、訪日外国人旅行者の受入環境の整備・充実を総合的に推進することで、全国的に訪日外国人旅行者が安心して快適に、移動・滞在・観光することができる環境を提供し、訪日外国人旅行者の訪問を促進するとともに、満足度を高め、リピーターの増加を図ることを目指しています。通訳ガイド制度についても、平成29年6月2日に公布された改正通訳案内士法が平成30年1月4日に施行されました。

今後、通訳案内士は「全国通訳案内士」となるほか、通訳案内士の業務独占規制が廃止され、今後は資格を有さない方であっても、有償で通訳案内業務を行えるようになるなど、通訳案内士制度が大きく変わりました。
又、観光庁は法改正に対応するため、全国通訳案内士に対して、旅程管理の実務や災害時対応等の通訳案内の実務に関する研修を行う団体を設立することを決めました。

今般、通訳・翻訳者・ガイド分野における人材育成の必要性が高まっています。これは、我国が望む訪日旅行者の拡充や高度な翻訳等の活用が不可欠であるからです。さらに、地域を超えた観光情報の連携ニーズも高まっています。

私たちは、このような理念を実現するには、会員相互の互助・共助及び連絡協調と通訳案内士・通訳者・翻訳者等の業務向上改善を図るとともに、会員の品位と地位の向上につとめ運営推進するのが肝要であると考えます。このような観点から、会員の業務上のリスク軽減を目的に団体保険に加入し、併せて観光庁登録研修機関として認定を目指し登録準備行っています。又、今後増加する国際観光事業の発達に貢献し、併せて国際親善に寄与することを目的としました。

設立後は一般社団法人として社会的責任ある立場を持つことにより、これまで以上に多くの団体や個人と関わりを持ち、助けられ、助けながら、よりよい社会を形作っていくために、一般社団法人 九州通訳・翻訳者・ガイド協会としての活動を通して社会貢献していければと考えております。何卒よろしくお願いします。

一般社団法人 九州通訳・翻訳者・ガイド協会

代表理事 水谷みずほ